私たちは、印刷事業を通じて関わる一人ひとりの声を「聴き」、短期間で最高の商品を創ります!

お電話はこちら 06-7502-5926

紙の「目」「耳」「面」「腰」って何のこと?

#印刷 #紙 #冊子 #日本一断らない印刷会社 #株式会社ヤシキ

紙の「目」「耳」「面」「腰」って何のこと?

やさしさ
しあわせ
きぼう


日本一断らない印刷会社
株式会社ヤシキです



みなさんこんにちは

私たち印刷会社の商売道具である「紙」は気候によって状態がかなり左右されます

昔から「紙は生き物」ともいわれ、季節や天候により印刷の際の扱い方が違います
実際に「紙」は生き物ではありませんが、私たち人のからだと同じ呼び名が、多く利用されています

例えば、『目』
紙の目は、紙を製造する際、紙の原材料であるパルプを機械の上を流して製造されますが、
その機械の流れに沿った繊維の流れ目の事を『目』と言います
ちなみに縦目(T目)と横目(Y目)とあります

次は『面』
例えばA4のチラシを1000枚印刷したい場合、A4の紙を1000枚、印刷機に通すわけではありません
印刷会社の印刷機は、面積が広い紙を使用します
面積の広い紙に複数つけて印刷枚数を減らして効率をあげます
A4のチラシを面積が広い紙に複数つけることを「面付け」といいます

そして『腰』
古紙の配合率が高い紙ほど、腰がなく、『古紙だけに、腰がない』などと言われます

また、紙には『耳』もあります
「パンの耳」同様に端の意味で使われます
通常、私たちが目にする紙は「耳」が落とされた状態です
和紙などで端っこがヒラヒラしたモノを見た事はないでしょうか?
このヒラヒラが耳といいます

そして、紙は植物繊維を主原料として製造されているため、紙そのものが水分を持っています
ですから、乾燥すると紙は縮み、湿度が高いと紙は伸びてしまいます
紙が伸びたり縮んだ状態で印刷すると、印刷機にうまく通らず、オペレーターが四苦八苦します
紙にとって最適な温度は23℃前後、湿度は50~60%と言われています
人間にとって快適な環境が紙にとっても快適と言う事ですね

私たちは、商売道具である「紙」を生き物のように大切に保管しています

気になる方は、ご連絡お待ちしております



追伸…


【#株式会社ヤシキにLINEで質問する♪】


◎働きかた改革で残業ができない
◎超急ぎのデータ作成がある
◎超急ぎの印刷物がある
◎印刷の手配を丸投げしたい
◎他では断られるような相談がある
◎印刷費の見直しがしたい

印刷に関することはもちろん
他が引き受けないようなニッチな
ご相談もお気軽にお問い合わせください^ ^

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  

友だち追加

→ID検索の時は
@yashiki.jp で検索!@マークを忘れずに^^

【#スローガン】

日本一断らない印刷会社

【#ミッション】

私たちは、印刷事業を通じて
関わる一人一人の声に耳を傾け
短期間で最高の商品を創ります!

【#ビジョン】

やります!出来ます!で
世の中をきぼうと笑顔でいっぱいにします!

【#トクスル】

https://yashiki-tokusuru.com/
?Gg[???ubN}[N??